彼女として好まれる女性像とは?

恋人 できない

 

彼氏が欲しいと悩んでいる女性の方に、どうしてもお伝えしたいことがあります。それは、「男という生き物は理由を考えてしまう」ということです。

 

 

どういうことか?というと、男性が女性に惚れている場合は、その欲求を満たしたいためあまり深くは考えていません。

 

 

しかし、女性から好意を寄せられている場合は違います。

 

 

生理的に受け付けない、ということでもなければ嬉しくない男はいません。ですが、いざ付き合うか?と問われると躊躇することがあります。

 

 

特に、恋愛経験をそれなりにしてきた男性は、男女というのは違う生き物で根本のところで感覚が違うという事を知っています

 

 

つまり、話が合わない時にケンカになったりするのが面倒と感じてしまいます。以前にそういう経験をしていたりするとそれがフラッシュバックしてしまい、付き合っても面倒なことがやっぱり起きたりするんだろうな…と考えてしまいます。

 

 

どうすればよいか?

 

多くの女性は嫌われたくないため、相手の要求をすべて受け入れることで自分にも好意を抱いてほしいとするようですが、これはあまりよくありません。男性も都合よく女性を利用したりしますので、浮気されたりする可能性が高いでしょう。

 

 

では、そういう男性に好意を持ってしまったらどうすればよいのか?

 

 

それは、

 

     

  • 自分の意見はしっかりと伝えること
  •  

  • ケンカもほどほどにはすること
  •  

  • ケンカの時に感情的にならず、論理的に話すこと
  •  

 

 

 

男性というのは基本的に議論するのが好き。

 

 

女性とのケンカをめんどくさがる理由は、議論になっていない場合が多く、自分の意見を言えないストレスを感じるからです。

 

 

相手の言いたいことをしっかり聞き、自分の意見もしっかり伝える。こういったことができる関係をまずはめざしましょう。

 

 

こんな女性は男性からすれば貴重な話し相手です。パートナーになるかもしれなければ、男性から見て、そんな女性の価値は高くなります。

 

 

実際に試してみてください。難しいことのように見えますが、高いハードルではありません。

 

 

もし、本当にそれすら難しいなら、その男性とは縁がありませんので、切り替えることが大事です。

 

 

議論ができる、理論的な意見を言える。彼氏が欲しい女性はそういった面を持ち合わせていることをアピールしてみてはどうでしょうか?

 

 

 かっこいい彼氏欲しい?おすすめの恋愛サイトを提案!

 

 

 

 

[関連記事]